島のお医者さん 運動

※モバイル限定


研究( 勉強 )する

運動

問題内容 回答 備考
01 怪我をした人が運動療法をする目的は、筋力を強化する為だけにある × 筋力強化はもちろんだが、可動域の改善も挙げられる
02 環境温度に影響されずに、運動できる温度は、- 5~ 20℃である × 環境温度の影響を受けないとされる気温は、 5℃~30℃とされている
03 約 1~2%の脱水が生命に与える影響は、強い喉の渇き感である 2%の脱水症状では、かなり強い喉の渇きを感じるはず
04 約 2~3%の脱水症状だと、血液濃縮を起こし始める  
05 約 3~4%の脱水が生命に与える影響は、体が動きにくくなるなどの症状である 運動抑制が始まり、体が自由に動かしづらくなってくる
06 暑熱対策による水分摂取の頻度は、約 2時間に 1度程度であるとちょうど良い × 30分に 1回、水分を摂るようするとよい
07 一般に「高地」と呼ばれる高さは、1500mからを指す 高地トレーニングなどの定義は、一般的に 1500m以上を指す
08 高地トレーニングによる効果の 1つに、白血球増加が挙げられる × 赤血球の増加に効果があると考えられている
09 高山病の代表的な症状に、足の痛みが挙げられる × 高山病の症状は、頭痛・睡眠障害・消化器障害・倦怠感・呼吸器障害などがある
10 トレーニングはすればするほど、競技成績がどんどん上がっていくので、気合で続けた方がいい ×  
11 水泳の飛び込みで、頚椎損傷を発生させないとされる水深は、1m~である × 日本水泳連盟の定めでは、水深 3m~、とされている
12 足関節の捻挫を予防するシューズは、ハイカットシューズである  
13 男子の第二次性徴は、平均的にみて 14歳前後である × 平均で男子が 11歳半、女子が 10歳に第二次性徴期が訪れるを言われている
14 思春期中期の子供に向いている筋力トレーニングは、ダンベル上げである × 思春期中期の適しているトレーニングは、サーキット筋力トレーニングを言われている
15 運動選手は、一般の人に比べ、3倍のエネルギーを摂取しなければならない × 通常は、1.5倍~ 2倍と言われている
16 筋トレ期、特に必要な栄養素は糖分である × 筋トレに必要な栄養素は、タンパク質である
17 強化練習を行う際、特に必要な栄養素は、糖質である  
18 試合期に特に必要な食事・栄養素は、ピタミンが豊富なフルーツのみである × ビタミンが豊富なフルーツの他に、糖質の多い主食も重要である
19 減量の為の食事で心がけることは、低脂肪であれば何でも良い × 低脂肪はもちろんだが、高タンパク質・高ミネラス・高ビタミンのもの一緒に摂るとよい
20 マラソン選手がグリコーゲン回復のために摂取する体重 1kgあたりの糖質の量は、10gである × 正確には1kgあたり 8gの糖質を摂取するとよい、体重 60kgだと 480gになる
21 カルシウムの内、99%は骨や歯に使われている  
22 植物性の食べ物は、動物性のものよりも吸収が悪いが、ピタミンCと一緒に取ることで吸収性が高くなる ビタミンCと植物性の食べ物は、相性が良い
23 ビタミンB1は、糖質の代謝に影響する  
24 過剰な糖質の摂取により起こる血糖値が下がる症状を、シュガーショックと呼ばれている × 正式には、インスリンショックをいう
25 糖質が体内に取り込まれるまでに要する時間は、5分程である × 糖質が体内に取り込まれるまでの時間は、約 2時間である
問題内容 回答 備考
26 大切な試合や、運動の約 1時間前に食事を取っておくことが望ましい × 1時間ではなく、3~4時間前が適切である
27 赤血球を破壊するスポーツ性貧血の主たる原因は、短距離走などが挙げられる × 短距離というよりも、激しい持久性トレーニングをするとスポーツ性貧血になりやすい
28 生体における水の役割は、細胞機能の維持・物質の運搬・体温の調整の 3点があげられる  
29 摂取する水分の適度な温度は、5~15℃である  
30 6大栄養素の 1つに、塩分が含まれている × 塩分は、6大栄養素に含まれてない
31 食物繊維は、体内へは吸収されない 食物繊維は、体内に吸収しないが、他の栄養素の消化吸収を助ける役割をしている
32 1日に 30品目を食べていれば、栄養面において心配はいらない × 1日 30品目取ると良いと言われているが、品数よりも栄養価で考えた方がいいようです
33 テーピングをする際の注意点として、症状を判断することよりも、急いで早く巻くことが大切である × テーピングで大切なことは、症状を把握し、症状に適した巻き方をすることです
34 スターアップとは、テーピングの巻き方の一種である スターアップとは、足関節の内反・外反の可動性を制限(距腿関節・距骨下関節の安定)する、テーピングの巻き方である
35 ドーピングが禁じられているのは、スポーツマンシップに乗っ取っていないから、という理由だけである × その他に、フェアでない点・選手の健康を害する点・社会悪である事があげられる
36 スポーツにおける薬物使用は、一切認められていない ×  
37 興奮剤の副作用として、心停止が起きることがある 興奮剤の副作用は、判断力の低下・心拍数増・血圧上昇・不整脈・心停止など、生命を脅かす危険性の高いものが多い
38 大会などの前において、喘息を患っている選手は、その薬を飲んでも申告する必要がない × 喘息などの薬に対しても、申告しなければならない
39 ストレッチは、筋肉の柔軟性を高め関節稼働域を広げることを目的としているが、他にも多くの効能がある ストレッチの効能は、筋肉並びに結合組織の柔軟性・筋肉の緊張緩和・血流改善・神経機能の向上・筋萎縮の抑制などがある
40 全てのストレッチは、ゆっくりと静止状態で行うことが前提となっている × ストレッチには、動的ストレッチ・バリスティックストレッチなどの動きながら行うものが存在する
41 ジョギングは、無酸素運動の代表的な運動の一つである × ジョギングは、有酸素運動である
42 ジョギングは、生活習慣病の予防になると言われている ジョギングの効能は、生活習慣病予防やストレス解消、心身のリフレッシュ作用などがある
43 運動不足の状態でジョギングをすると、非常に体力を消費するが、とにかく長い距離を速度を出して走りぬくことが重要である × 運動に慣れていない状態では、無理せず自分のペースで走る事が重要である
44 ジョギングとランニングは同じ意味である × 一般的にジョギングよりランニングの方が早いペースで走る
45 ジョギングを提唱した、ジム・フィックス氏の死因はジョギング中の心筋梗塞だった  
46 エアロビクスを提唱した、ケネス・クーパー氏は自らが来日し、日本でエアロビブームを巻き起こした  
47 無酸素運動を集中的にしたほうが、有酸素運動よりも、健康的で圧倒的な効果がある ×  
48 筋力をつけたいなら、毎日きちんと筋力トレーニングを行った方が良い × 筋肉痛などの時は、無理に筋トレをしないほうがよい
49 骨折とは、外圧を受けた骨折と、疲労骨折の 2種類しかない × その他、なんらかの症病が原因で、骨の成分が弱っておきる、病的骨折などがある
50 筋肉痛の解消法に、軽度の運動をするという手法も存在する 筋肉痛の解消には、安静・入浴などの消極的休息と、軽度の運動やストレッチを行う積極的休息がある
※ 問題文を若干、縮小・省略しているため、意味が変わってきている場合がございますがご了承ください。

運動 が必要な習得スキル

No. スキル名 習得条件 課金
購入
研修回数 バッジ 医師 看護師 スペシャリスト その他
15 骨折        30回 以上 運動検定
怪我 / 外傷検定
一般医師 1名以上     レントゲン  


  • 最終更新:2011-01-22 13:40:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード