島のお医者さん 肺・気管

※モバイル限定


研究( 勉強 )する

肺・気管

問題内容 回答 備考
01 体内で空気呼吸を行う為に必要な器官を腎臓と呼ぶ × 呼吸を行う器官は肺である
02 肺とは、胸の右側か左側のどちらかにあり、空気呼吸を行う器官の1つである × 肺は、左右にあり2つある
03 肺の役割は、酸素を体内に取り込み、二酸化酸素を体外に出すことである  
04 気道に空気以外の、食べ物・飲み物が入っても問題ない × 気道に食物が入るとむせて外へ出そうとする
05 肺に穴が空くと、風船のようにしぼんでしまう  
06 片方の肺がしぼんでしまうと、もう片方の肺もしぼんでしまうので息が出来ない × 片方になってしまっても、肺の機能は維持する
07 肺から体外へ出ていく気体のほとんどは、二酸化炭素である × 吐き出される気体は、窒素と酸素がほどんどである
08 安静にしている時でも、肺に取り込まれる空気の量は、毎分1リットル程度である × 安静時は、毎分 6~10リットル程度
09 激しい運動をした際は、毎分 肺に約100リットルの空気が取り込まれる 安静時の10倍程度取り込まれる
10 呼吸器において最も重要な機能の1つは、酸素と二酸化炭素の交換である  
11 意識不明になると、自動的に肺は活動を止める ×  
12 ヒトは、酸素と二酸化炭素のバランスが崩れないように、日々調整を心がけなければならない ×  
13 成人は安静時、1分間に約15回の呼吸を行っている  
14 1日の呼吸量は、日中にある一定の活動をしていれば、約2万リットルを超える  
15 1日の呼吸量に相当する2万リットルは、重さにすると20kgを超える  
16 吸った空気の中には、カビ、真菌、細菌、ウイルスが含まれるが、それらは口で全て防御される × 完全には防ぐことはできない
17 体内に入ってきたカビなどの菌により、体調をくずす事はありえない ×  
18 マスクやうがいをすれば、空気中のカビ、真菌、細菌、ウイルスを完全に防げる × 完全には防ぐことはできない
19 加齢によって、肺機能は徐々に低下していく  
20 タバコを吸う人は、吸わない人とで、加齢のよる肺への影響はほとんど変化がない × 喫煙での肺への被害は甚大
21 タバコを吸わない人は、加齢によって日常生活における肺の障害が出ることは滅多にない  
22 加齢により低下した心肺機能での運動は、非常に過酷になる  
23 肺や気道に関する病気を、肺疾患または呼吸器疾患と呼ぶ  
24 せきは、気道につまった異物(ウイルスなど)を取り除く為にでる  
25 タバコを吸うと、せきが出るのは、タバコが害であることを体は知っている為である  
26 せきをして痰(たん)が出るその色は、食べ物によることが大きい × 食物ではなく、ウイルスや細菌によって変わる
27 たとえ、自分の体調が良くても、黄色/茶色っぽい色の痰(たん)が出たら、細菌感染の疑いが高い  
28 痰(たん)に血が混じっていたら、肺がんの疑いがある 気管支炎や肺がんの疑いが高い
29 せきには、気道をきれいにする働きがあるので、むやみに止めるべきではない せきや痰を出すことは重要な役割がある
30 呼吸困難とは、呼吸が困難な苦しい状態のことで、息切れとは別の症状を指す × 呼吸困難と息切れは同じ症状
31 チアノーズとは、血液中の二酸化炭素不足から起こる × 血液中の酸素が不足する症状
32 肺の機能が正確かを診断する装置を、スパイロメーターと呼ぶ  
33 肺炎は伝染しない × 肺炎は、非常に感染力の強い病気
34 感染性肺炎は、肺自体に感染し、肺に炎症をおこす病気のことを指す  
35 肺炎は様々な種類がある為、ワクチンなどが一切ない × 確かに種類は多いが、対応するワクチンも存在する
36 喘息が発症するのは、子供のみである ×  
37 喘息発作は、通常よりも空気を通す気道が狭くなってしまうために起きる  
38 喘息の発作は、患者を安静にして落ち着かせれば大丈夫 × 気道が狭くなってしまう病気の為、気を落ち着かせるだけではダメ
39 大きな息切れがある場合は、飛行機に乗ってはならない  
40 肺の筋力(横隔膜、肋間筋)が大幅に低下した際は、呼吸が自力でできなくなるので、現在の医学では何の対応もできない × 様々な解決法がある
41 肺の機能は、一度衰えると、戻ることはない × 多くのリハビリコースがある
42 タバコが原因で起こる、慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、日本国内の死亡原因の10位である  
43 タバコを吸っている人の 15~20%は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)にかかる 喫煙者の約15~20%は、COPDにかかる
44 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状は、透明なたんを伴う軽いせきが中心である  
45 慢性閉塞性肺疾患(COPD)にかかっても、タバコを減らせばよい × 最大かつ必須の治療法は「禁煙」である
46 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者は症状が進むと、自力で呼吸することができなくなる 病気が重度化すると相当の介助が必要になる
47 肺がんは、がんの中でもっとも死亡率が高い 死亡率1位 = 肺がん
48 肺がんの原因は、喫煙がおよそ50%を占める × 男=90%、女=80%、全喫煙者の約10~12%が肺がんにかかる
49 気胸(ききょう)とは、肺に穴が空き体内に空気が漏れて肺がつぶれる病気である  
50 自然気胸にかかるのは、ほとんどが女性である × 女性より遥かに男性の方がかかりやすい
※ 問題文を若干、縮小・省略しているため、意味が変わってきている場合がございますがご了承ください。

肺・気管 が必要な習得スキル

No. スキル名 習得条件 課金
購入
研修回数 バッジ 医師 看護師 スペシャリスト その他
27 急性気管支炎    60回 以上 肺・気管検定 一般医師 3名以上        
34 綿肺症       80回 以上 肺・気管検定 一般医師 3名以上     新設病棟  
41 小児急性気管支炎  97回 以上 肺・気管検定 一般医師 3名以上     新設病棟  
43 カンナビス症<大麻肺> 105回 以上 エキスパートランクC
肺・気管検定
一般医師 3名以上
名医 3名以上
    新設病棟
フロア:サイケデリック
 
45 ボーキサイト綿維症 115回 以上 肺・気管検定 一般医師 3名以上
名医 3名以上
    新設病棟  
52 気管支拡張症    160回 以上 肺・気管検定 一般医師 3名以上
名医 3名以上
    新設病棟  
53 COPD
(慢性閉塞性肺疾患)
165回 以上 肺・気管検定 一般医師 3名以上
名医 3名以上
    新設病棟
スパイロメーター
課金
55 アルミニウム肺   175回 以上 肺・気管検定
エキスパートランクC
一般医師 3名以上
名医 3名以上
    新設病棟  
65 肺癌        250回 以上 がん検定
肺・気管検定
一般医師 3名以上
名医 3名以上
神の手 1名以上
    新設病棟  


  • 最終更新:2011-01-26 14:18:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード