島のお医者さん 救急救命

※モバイル限定


研究( 勉強 )する

救命救急

問題内容
備考
01 急病や事故で人が倒れており、緊急であることが分かる場合は、すぐに119番をし、到着までに応急処置を行う 本ケースの場合、救急車を呼ぶ → 応急処置 が適切
02 緊急時、呼吸がなかった時の対処法は、大至急 心臓マッサージを行う × 呼吸停止時の対処は、人工呼吸 → 心臓マッサージが一般的
03 首などで脈をとったところ、脈がなかったので心臓マッサージをした。という対処は正しい 一次救命処置:脈の停止確認 → 心臓マッサージ
04 急病人がいた際に確認すべき3点は、喋るか、立てるか、歩けるか、である × 確認すべき3点は、意識があるか、呼吸があるか、脈拍があるか、の3点である
05 人工呼吸と心臓マッサージのペース配分は、成人に対しては、15回の人工呼吸:2回の心臓マッサージを繰り返す × 正しい方法は、心臓マッサージ15回に人工呼吸2回のペース
06 何の問題もない人であれば、心臓マッサージを練習しても問題はない × 絶対に行ってはいけない。死に至るケースもある
07 血液は、成人で 4~6リットル程度である 血液の量はおよそ、体重1kgに対して、80ml前後と言われている
08 血液の、1/3を失うと、生命に関わる  
09 出血に勢いがあり止まらない場合は、心臓に近い動脈から止血を行う 間接圧迫止血法を呼ばれている
10 出血に勢いがない場合は、傷口に直接ガーゼや清潔なハンカチを覆う  
11 出血によるショック症状が見られた場合、命に関わる危険が多くあり、救急車到着前に様々な措置が必要になることがある 対処法:寝かせて気道確保、足の位置を高くする、衣服をゆるめる、そして水を絶対に与えない!
12 出血によるショック状態の症状の1つに、喉の渇きがある 喉の渇きを訴えるが、絶対 水を与えてはダメ
13 手足指などに、ガラスや刃物が刺さった場合は、直ぐに抜いて止血しなければならない × 対処法として、抜かずに止血し、救急車で病院へ運ぶ
14 頭をかなり強く打ち、その場で症状が出なければ問題ない × 頭・胸・腹・背中への打撲は後々、かなり深刻な症状がでる場合がある
15 手足などを強く打ち、皮膚に傷がない場合は、直ちに患部を冷やす  
16 目に異物が入っても、涙で全て洗浄してくれる × 目に異物が入った時は、水道などで洗い流した方がいい
17 目に異物が入ったが、どうも様子がおかしいが、放置しておいた ×  
18 耳に虫が入ってとれない場合は、光を当ててみる 綿棒などで取り出そうとすると、余計中に入ってしまう危険性がある
19 耳に虫が入って懐中電灯を当てても取れない時は、サラダ油などをいれてから、綿棒でとる 油で虫が死ぬので、緊急の場合は有効である
20 のどに食べ物などが詰まったら、一刻も早く飲み込ませるように促す × 吐き出させるように促さなければならない
21 のどに食べ物などが詰まった場合の処置として、頭を低くして背中を叩くという方法が有効である 背部叩打法と呼ばれる
22 海外旅行中、犬に噛まれてしまった場合は、傷自体への注意は必要だが、感染病などは心肺いらない × 狂犬病やペット感染症などに感染する危険性がある
23 毒ヘビに噛まれたら、走ってでも近くの病院に急行したほうがよい × 走ってしまうと毒が体内に一気に回ってしまう危険がある
24 ハチなどに刺された際は、患部を冷やしておけば基本的に問題はない × ハチなどに刺されるとショック症状にかかってしまう危険がある
25 室内などでガス漏れに気がついたら、とにかくまずは戸や窓を全開にし、換気する とにかく換気が第一
26 ガス漏れの部屋では、気づかぬ内に酸欠となり二次災害がよく起こる  
27 感電事故で倒れている傷病者は、大至急 身体の状態を確認しなければならない × まずは感電元を探すこと。傷病者にふれると感電してしまう危険がある
28 熱射病の根本的な原因は、体内の水分量の不足や、塩分の喪失である  
29 熱射病・日射病の疑いのある患者がいたら、まずは風通しの良い、涼しい場所に移さなければならない とにかく暑いところから避難させるのが重要
30 熱射病・日射病患者に意識がある場合は、涼しい場所にうつした後は、水分を与えてもよい 水分を与える時は、少しづつゆっくり与えた方がいい
31 凍傷は、寒冷地にて身体の組織の一部が凍結しておこる状態を指す  
32 凍傷が、手足などのみに見られたら、至急 熱いお湯をかけて、凍結した状態からもどさなければいけない × 熱いお湯をかけると症状が悪化する可能性がある
33 全身に、凍傷が起きている患者を発見した場合、温めてすぐに寝かせつけなければならない × 全身に凍傷が見られる場合は、眠らせてはダメ
34 日焼けは、やけどと同様の症状である 日焼けは、やけどの軽症な症状のようです
35 衣服ごとやけどした場合は、どのような場合でもすぐに脱がせて、患部を冷やすべきである × 衣服と皮膚がくっついてしまうケースがあるので、むやみに衣服を脱がせるべきではない
36 生命の危険に繋がると言われているやけどの患部面積は、50%である × 全身の 30%以上やけどしてしまうと死に至る場合がある
37 溺れて亡くなるのは、海・川・プールなどがほとんどである × 家の浴槽で亡くなるケースもとても多い
38 溺れている人を見つけたら直ぐに飛び込まず、他の助けを呼ぶなど冷静に判断した方が良い 状況把握を第一とし、冷静に判断することが大事である
39 急性アルコール中毒とは、アルコール分を飲みすぎることにより起きる症状である  
40 急性アルコール中毒になったら、横に寝かせてトイレに行かせる × 本人の意思に関係なく、救急車を呼ばなければいけない
41 悪酔いして気持ちが悪そうにしている場合(※急性アルコール中毒ではなく)、横向きに寝かせても問題ない  
42 二日酔いの効果的な対策の一つに、ぬるま湯に浸かる、という方法がある  
43 二日酔いの効果的な対策の一つに、温かい牛乳に砂糖を入れて飲む、という方法がある 糖質とタンパク質は、二日酔いに効果があるため
44 口から血が出るのは、肺や気管支になんらかの問題が発生した時のみである × その他に、胃腸などの消化器からの吐血もある
45 口から血が複数回出ても収まる様子がない場合は、至急 救急車を呼ぶべきである  
46 女性が妊娠中に性器から出血した場合は、大至急 病院へ行ったほうがよい  
47 妊娠していない際、性器から月経以外の出血があった場合は、産婦人科へかかった方がよい  
48 鼻血が出た際は、ティッシュなどを鼻に詰めて、頭を上に向けて安静にする × 頭を上の向けることも、ティッシューを詰めることも、良くない
49 鼻血が出た際は、頭を前にかがめて、手で血がでている側の鼻を、5分ほど圧迫する  
50 鼻血が口に回ってきたら、血を飲んだ方が良い × 血を飲むと、吐き気をもよおす可能性がある
※ 問題文を若干、縮小・省略しているため、意味が変わってきている場合がございますがご了承ください。

救命救急 が必要な習得スキル

No. スキル名 習得条件 課金
購入
研修回数 バッジ 医師 看護師 スペシャリスト その他
10 一酸化炭素中毒   23回 以上 消化器検定
救命救急検定
    救急救命士 壁紙:森のやすらぎ
フロア:天然芝
金貨
69 くも膜下出血    265回 以上 救命救急検定 一般医師 3名以上
名医 3名以上
神の手 1名以上
    新設病棟  


  • 最終更新:2010-11-01 23:32:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード