島のお医者さん 感染症

※モバイル限定


研究( 勉強 )する

感染症

問題内容 回答 備考
01 抗生物質は、ウイルスにも効く × 抗生物質は、ウイルスには効かない。細菌や真菌による感染症のお治療に用いる
02 抗生物質は細菌や真菌による感染症を治療するためにはつかえるが、ウイルスには効かない
03 人間の体は、感染症の原因となる微生物に常にさらされている 人体は、物質的バリアーと免疫システムによって守られている
04 一般的に抗生物質は 1つだけで、全てに効く × 全ての細菌に効く抗生物質はない。
05 細菌も抗生物質に耐性をもつように進化してきている  
06 抗生物質を頻繁に服用すると、細菌が耐性を持ってしまい効かなくなる可能性がある 抗生物質は、むやみに服用すべきではない
07 抗生物質は最も一般的な薬で、副作用が強くないので頻繁に服用しても構わない ×
08 細菌の方がウイルスよりも小さい × ウイルスの方が、真菌や細菌よりも小さい
09 ウイルスは、真菌や細菌よりも小さい
10 ほとんどの風邪は、細菌が原因である × ほとんどの風邪は、ウイルスが原因である
11 風邪の原因はほとんどがウイルスである
12 エイズウイルスの感染力は強く、空気中や水の中や食べ物の中などでも生存する × エイズウイルスは感染力は強くない
13 接触部位にただれが無い場合は、一緒に入浴してもHIVの感染リスクは無い  
14 男性へのオーラルセックス(口腔性交)では、口の中に傷口が無くても HIV感染の可能性がある 口の粘膜から感染する可能性がある
15 HIVとエイズは同じ意味である × エイズは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染によっておこる病気なので
HIV感染 = エイズではない
16 HIVの感染経路の約 80%は性行為である HIVの感染力は低いので、性行為以外の普段の生活で移ることはまずない
17 HIVは、エイズが発症したヒトからでないと移らない × HIV感染者であれば、エイズを発症していなくても移る可能性がある
18 HIVに感染した人を刺した蚊に刺されると、HIVが移る可能性がある ×  
19 クラミジアにかかっているとHIVに感染しやすい クラミジアに限らず、他の性感染症にかかっていると感染しやすい
20 ピルを飲んでいれば性感染症には感染しない × ピルは排卵を抑えて妊娠しないようにする薬なので、性感染症には効かない
21 BCG(ハンコ注射)で、結核は生涯予防できる × 成人の結核に対しては予防効果は低い
22 現時点では、エイズのワクチンはない  
23 結核は、人にうつる  
24 かつて結核は流行っていたが、現在は効果的なワクチンが出来たので新規患者はいない × 今でも年間25000人以上の患者が発生し、年間に2000人以上が亡くなっている
25 BCG(ハンコ注射)は、おたふくかぜの予防接種である × BCGは結核の予防注射である
26 HIVの感染者は結核にかかりにくい × HIVに感染していると、結核の感染率が 10倍高くなるといわれている
27 エイズはワクチンで予防できる × 現時点では、エイズのワクチンはない
28 結核が発症した場合、必ず入院が必要になる × 必ず入院しなければいけないという訳ではない
29 BCG(ハンコ注射)は、結核の予防接種である  
30 梅毒にかかっていると、HIVに感染しやすい  
31 ピルを飲んでいても、性感染症には感染する  
32 クラミジアが進行すると不妊症になることがある 進行して卵管閉鎖などになると不妊症になるケースがある
33 自慰行為でも性感染症にかかることがある ×  
34 包茎の場合、そうでない人に比べて性感染症にかかる確率は低い ×  
35 HIVの感染者と一緒にお風呂に入るとうつる可能性がある × HIVの感染力は低いので、性行為以外の普段の生活で移ることはまずない
36 HIVの感染者が使った洋式トイレの便座に座るとうつる可能性がある ×
37 男性へのオーラルセックス(口腔性交)でHIVがうつる可能性はない × 口の粘膜から感染する可能性がある
38 多くの先進国では、毎年 HIV感染者が増えている × 日本ではエイズ教育が遅れているため毎年増えているけど、他の先進国では増えていない。
39 コレラは過去 10年、日本で発生していない × 路上生活者などから、ごく少数ではあるが感染の発生が確認されている
40 サルモネラによる胃腸炎は原則、抗生物質で治療する ×  
41 0-157は、感染症の中でも感染力が強い  
42 ブドウ球菌自体を摂取してしまうと、食中毒にかかる ×  
43 ブドウ球菌は、健康な成人の体内には存在しない ×  
44 サルモネラ菌は卵や肉より、野菜経由の方が感染しやすい × サルモネラ菌は、肉や卵・卵製品・源乳が主な感染源とされている
45 ほとんとの大腸菌は、有害である × ほとんどの大腸菌は無害で、一部の大腸菌が病気を引き起こしている
46 サルモネラによる胃腸炎は、原則 抗生物質を使わない  
47 サルモネラ感染病は、ペットからうつることもある  
48 手足口病とは、手のひら・足の裏・口の中の発疹と水疱を特徴とした病気である 小児によくみられる病気だけど、大人もかかることがある
49 手足口病は、細菌性の感染症である × 手足口病は、ウイルス性の感染症である
50 手足口病は、ワクチンで予防できる × 手足口病は、有効なワクチンは無く、手洗いや衣類の洗濯が主な対策法になっている
※ 問題文を若干、縮小・省略しているため、意味が変わってきている場合がございますがご了承ください。

感染症 が必要な習得スキル

No. スキル名 習得条件 課金
購入
研修回数 バッジ 医師 看護師 スペシャリスト その他
         回 以上            


  • 最終更新:2011-01-26 14:20:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード