島のお医者さん 保健体育

※モバイル限定


研究( 勉強 )する

保健体育

問題内容 回答 備考
01 子宮頸がんは、40代が最もなりやすい × 35~39歳が一番かかりやすい
02 子宮頸がんは、コンドームを付けることでほぼ防ぐことができる × 危険性を減らせるが防ぐ事はできない
03 性交渉経験がある女性なら、年齢に関係なく子宮頸がん発症の可能性がある  
04 子宮頸がんは重症化しにくいので、40代になるまで検診は必要ない ×  
05 子宮頸がんは性交渉によって感染するウイルスが原因である  
06 乳がんは早期治療が重要だが、他に転移することは稀である × 乳がんは、骨、肺、肝臓などへ転移することがある
07 30代後半が一番、子宮頸がんになりやすい 35~39歳が一番かかりやすい
08 子宮筋腫は良性の腫瘍なので、特に症状が無く小さい場合は経過観察措置をとることが多い  
09 子宮頸がんはワクチンで予防できるがんである  
10 子宮頸がんのワクチンは10代などの若いうちに接種することが望ましいとされている 10代でワクチン接種すると7割以上が予防できる
11 子宮筋腫とは、子宮の内部や周囲にできた良性の腫瘍である  
12 子宮肉腫は、子宮筋腫同様に良性で心配は無い × 子宮肉腫は、子宮体がんの一種
13 子宮筋腫は良性であるが、大きくなると不正出血や不妊症の原因となることがある  
14 子宮筋腫を持っている人は、成人女性の5%程度とされている × 20~25%程度とされている
15 子宮頸がんは予防できないので、定期的に検診を受けることが重要である × 子宮頸がんは予防ワクチンがあるので予防可能
16 子宮筋腫は、できる場所によっては不妊の影響などが出やすい  
17 子宮筋腫の手術は全摘出しかない × 筋腫のみ摘出する術式もある
18 35歳以上で1日15本以上喫煙する人は、ピルを服用することが出来ない ガイドラインで投与禁忌とされている
19 妊娠すると、通常の2倍の鉄分が必要になる  
20 妊娠のおよそ、1~3%が妊娠中に糖尿病を発症する 妊娠糖尿病を呼ばれる
21 タバコを吸っていてもピルの服用は問題ない × 35歳以上で1日15本以上喫煙する人は服用できない
22 しこりがない乳がんもある 非浸潤性乳がんと呼ばれる
23 膣カンジダは性交渉によって発症する × 膣内の常在菌である「カンジダ真菌」が異常繁殖による症状
24 膣カンジダは性交経験が無くても発症する
25 40歳以上になると、乳がんのリスクが高まってくる  
26 男性特有の前立腺がんの方が、女性特有の乳がんよりも死亡率が高い 死亡者数は乳がん、死亡率は前立腺がん が高い
27 男性は乳がんにならない × ごく稀に男性でも乳がんになることがある
28 前立腺がんの早期発見・適切治療を呼びかけるキャンペーンをグリーンクローバー・キャンペーンという × 正確にはブルークローバー・キャンペーンと言う
29 精管がねじれてしまう精巣捻転症は、思春期から25歳頃までの間に多く発生する  
30 陰茎は、激しい性交により折れることがある 陰茎折症(陰茎骨折)とも呼ばれる
31 性欲や興奮と無関係に、勃起が持続し痛みを伴う持続勃起症という病気がある  
32 精巣捻転症は、痛みと腫れを伴うことはあるが、精巣には特に影響は無い × 精巣への血流が遮断される恐れがある
33 勃起時に陰茎が大きく湾曲する場合、ペイロニー病の可能性がある  
34 陰茎がゆがんだ形で勃起するペイロニー病は、治療しなくても数ヶ月すれば解消することが多い  
35 健康な男性でも、毎日1000本程度の髪の毛が抜ける × 約50本~100本程度と言われている
36 男性特有の前立腺がんは、乳がんより死亡率は低い × 死亡者数は乳がん、死亡率は前立腺がん が高い
37 前立腺は、精子を作っている器官である × 前立腺は、分泌液(前立腺液)を作り出す器官
38 陰茎に骨はないので、折れることは無い × 陰茎折症(陰茎骨折)という症状がある
39 ED(勃起機能の低下)の治療は保険診療である × 日本では保険の適用はされない
40 ED(勃起機能の低下)の薬はバイアグラのみである × 他にもある
41 基本的にED(勃起機能の低下)の治療では、陰茎のチェックをすることは無い 薬を安全に服用できるかの問診や検査が中心
42 AGA(男性型脱毛症)は、国内で100万人程度いる × 1200万人以上いるといわれている
43 喫煙はED(勃起機能の低下)の原因の1つとして挙げられる  
44 尖圭コンジローマは、非常にかゆいという特徴がある × 尖圭コンジローマに自覚症状はほどんどない
45 男性が加齢により頻尿になることは稀である ×  
46 男性型脱毛症は、頭皮につける薬しかなく飲み薬は無い × 飲み薬タイプもある
47 尖圭コンジローマは、自覚症状はほどんどない  
48 尖圭コンジローマは、コンドームでほどんと予防することが出来る ×  
49 尖圭コンジローマの感染報告数は30代にもっとも多い × 20代が最も多く、20代後半がピークになっている
50 健康な男性でも、毎日50~100本程度の毛が抜ける  

保健体育 が必要な習得スキル

No. スキル名 習得条件 課金
購入
研修回数 バッジ 医師 看護師 スペシャリスト その他
67 乳癌        260回 以上 がん検定
保健体育検定
一般医師 3名以上
名医 3名以上
神の手 1名以上
    新設病棟
マンモグラフィー
課金


  • 最終更新:2011-01-26 14:16:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード