島のお医者さん プロフェッショナルB

※モバイル限定


研究( 勉強 )する

プロフェッショナルB

問題内容 回答 備考
01 成人の健康水準は社会的役割の遂行に左右される  
02 成人の心臓マッサージを1人で行う方法は「胸骨上を片手で行う」 ×  
03 小児の心肺蘇生胸骨圧迫心マッサージは胸骨中央部を圧迫する  
04 59歳男性。前かがみの姿勢をとる程の強い腹痛、嘔吐、発熱で救急外来を受診したところ血清アミラーゼ値の上昇がみられた。まず、最初に確認するのは飲酒暦である  
05 血清総蛋白の基準値は3.5~6.0g/dlである ×  
06 血清アルブミンの基準値は7.0~8.5g/dlである ×  
07 血清リン3.5mg/dlは正常である  
08 抗ヒスタミン薬は副作用として眠気がある  
09 副腎皮質ステロイドは副作用として、消化性潰瘍がある  
10 ワルファリンとビタミンKの関係は相乗効果である ×  
11 薬物の血中濃度を一定に保つためには、等間隔で与薬する  
12 舌下錠は経口薬より吸収が遅い ×  
13 降圧薬はグレープフルーツジュースで飲んでも構わない ×  
14 加齢とともに、ガン抑制遺伝子が増幅する ×  
15 加齢とともに、ホルモン依存性ガンが増加する  
16 ガンウイルスと呼ばれるウイルスは存在する  
17 寒栓症と潜水病は関係がある  
18 充血と静脈炎は関係がある ×  
19 虚血と紫斑病は関係がある ×  
20 うっ血と動脈硬化は関係がある ×  
21 大脳の表面は掃白質と黒質からなる ×  
22 小脳の下端に下垂体が位置する ×  
23 脳幹は延髄と脊髄からなる ×  
24 間脳は視床と視床下部とからなる  
25 反回神経が障害されると、嗄声を来す  
問題内容 回答 備考
26 呼吸困難を訴える患者で呼吸音に左右差を認める場合、肺気腫を疑う ×  
27 右側に胸水が貯留している時、左側に比べ右側の呼吸音が減弱する  
28 気管支鏡検査をする1時間前までは飲食をすることができる ×  
29 気管支鏡検査後は2時間絶飲食とする  
30 目覚ましよりも早く目が覚めてしまい、からだがだるい。というのもうつ病の症状の1つである  
31 酸素吸入濃度50~98%にもっとも適した器具は鼻カニューレである ×  
32 酸素吸入濃度50~98%にもっとも適した器具は単純酸素マスクである ×  
33 酸素吸入濃度50~98%にもっとも適した器具はベンチュリーマスクである ×  
34 酸素吸入濃度50~98%にもっとも適した器具はリザーバー付酸素マスクである  
35 ブドウ球菌性肺炎の主な原因にMRSAがある  
36 細胞は器官によって異なる遺伝子情報を持つ ×  
37 3つの塩基で1種類のアミノ酸をコードする  
38 動物と植物のDNAは異なる塩基を持つ ×  
39 遺伝子情報に基づき核内で蛋白合成が行われる ×  
40 我が国の平成19年の死因順位の一位は、悪性新生物である  
41 マスローの欲求階層説で最上級の欲求は自尊心である ×  
42 二語文を話し始めるのは1歳頃である ×  
43 AIDS(エイズ)は飛沫感染する ×  
44 仰臥位は乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険因子と考えられている ×  
45 加齢による生理機能の変化として、体脂肪率の低下が挙げられる ×  
46 オゾン層の破壊と最も関連が深い健康障害は、皮膚癌である  
47 体位変換の時間は看護師の判断で変更することができる  
48 手袋の上からアルコール消毒を行えば複数の患者に接してもよい ×  
49 糖尿病で末梢神経障害をもつ患者に、フットケアの指導として靴下の着用をすすめた  
50 関節リウマチの患者への生活指導で、長距離歩行を行い体力をつけるように説明した ×  
問題内容 回答 備考
51 認知症高齢者の財産管理に関わるのは、介護支援である ×  
52 高齢者の健康なセクシャリティへの援助として、異性との交流の場を多くすることが挙げられる  
53 骨粗鬆症の予防として、転倒防止のため安静を保つように指導した ×  
54 母子相互作用は、出産以降に成立する ×  
55 産褥期の生理的変化として、分娩後4~6週で子宮は妊娠前の大きさに戻ると言える  
56 反動形成とは、本来とは逆の感情を示す防衛機制のことである  
57 甲状腺ホルモンは、代謝を抑制する働きがある ×  
58 ニューモシスチスは日和見感染症の病原体である  
59 抑うつは思考の障害である ×  
60 全身の毳毛は成熟児徴候である ×  
61 心身症とは、心と体の両方に症状がある病態のことである ×  
62 WHOのがん疼痛治療ラダーは5段階で示されている ×  
63 褥創発生の予測には、ブレーデンスケールが用いられる  
64 分娩開始後、子宮口全開大する前に破水が起こった場合、前期破水という ×  
65 保健師助産師看護師法で定められている看護師の義務として、守秘義務がある  
66 老年期の認知能力で、判断力は比較的維持される  
67 出産後、子宮筋の収縮を促すホルモンはプロラクチンである ×  
68 児童虐待において、看護師の守秘義務は通告義務より優先するため、通告してはならない ×  
69 死の三徴は[1]呼吸停止[2]心臓停止[3]脳機能停止である  
70 加齢も老化も、老年期での衰退のことを意味する ×  
71 新生児訪問は、分娩時に母子いずれかに異常が見られた場合を対象として行われる ×  
72 性同一性障害では、性染色体の異常を認める ×  
73 第一次予防とは、障害を持つ患者の早期発見である ×  
74 うつ病は過労死として認められる  
75 死の三徴候に含まれるのは随意運動の消失である ×  
問題内容 回答 備考
76 酸化ヘモグロビンの増加によってチアノーゼをきたす ×  
77 15%塩化カリウム注射液原液の静脈投与で起こり得るのは心停止である  
78 看護師のボディメカニクスとして正しいのは足と床の摩擦力を小さくすることである ×  
79 インシデントレポートでは警察署への届出義務がある ×  
80 薬物血中の濃度の上昇が最も速いのは静脈内注射である  
81 気管吸引の時間が長いと生じやすいのは低酸素である  
82 ドレッシング剤で密閉してよい創の状態は創周囲の発赤・熱感である ×  
83 抗利尿ホルモンは尿浸透圧を低下させる ×  
84 脂肪分解の過剰で血中に増加するのはケトン体である  
85 嚥下障害の患者に食事を再開する場合の開始食にはプリンが適切である  
86 悪性貧血では、通常赤血球以外の血球系は保たれる ×  
87 じんましんはI型アレルギーである  
88 ネフローゼ症候群は低蛋白血症が必ずみられる  
89 特定疾患治療研究事業の対象疾患では治療法は確立している ×  
90 産前産後の休業が規定されているのは労働安全衛生法である ×  
91 腕からの採血時の駆血法では駆血してから手を握ってもらうのが適切である  
92 セルフケア行動継続への援助では目標評価は看護師が行い患者に伝えるのが適切である ×  
93 食道癌根治術後の患者では呼吸器機能低下によって息切れが生じやすい  
94 加齢による変化で骨塩量は性差が顕著である  
95 乳幼児のアタッチメント(愛着)の成立に必要な関わりは泣いているときに抱っこすることである  
96 強迫症状をもつ患者への看護では症状の弊害について説明することが適切である ×  
97 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療および観察に関する法律の目的は社会復帰の促進である  
98 拡張型心筋症では、心拍出量が増加しているにも関わらず心不全に至ることがある ×  
99 喫煙との関連が最も強い肺癌は腺癌である ×  
100 関節リウマチに癌を合併したものが悪性関節リウマチである ×  


  • 最終更新:2011-02-05 04:49:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード