島のお医者さん プロフェッショナルA

※モバイル限定


研究( 勉強 )する

プロフェッショナルA

問題内容 回答 備考
01 サリドマイドにはヒト催奇形性はみられない ×  
02 一般的に、男性は女性よりも薬物に対する感受性が高い ×  
03 薬物の作用は、生体が正常であっても病的状態であっても異なってあらわれることはない ×  
04 薬物感受性は、気温によって影響されることがある  
05 高齢者の腎排泄型薬物の投与には注意すべきである  
06 薬物代謝に関係するチトクロムP450酵素の欠損者の出現頻度は、白人に比べ日本人は高い ×  
07 ジギタリスの毒性を増強することがあるのは、ヒドロクロロチアジドである  
08 有機リン中毒の際に用いられるピロカルピン塩酸塩は、副交感神経興奮作用を抑制するために用いられる ×  
09 エタノールは、メタノールの代謝を促進することにより毒性を軽減する ×  
10 活性炭を経口投与すると、消化管内の未吸収の薬物を吸着することができる  
11 プロスタグランジン系薬物の妊婦への投与は、流産を引き起こす危険性がある  
12 ペニシリンの副作用にアナフィラキシーショックはない ×  
13 うつ病の薬の副作用は口渇である  
14 器官形成期においては、胎児は薬物による影響を最も受けやすい  
15 アルコール依存症治療薬は血中のアセトアルデヒド濃度を上昇させる  
16 舌下錠として口腔内に投与された薬物は、すべて門脈に入り、肝臓へいく ×  
17 身体的依存が形成された状態で薬物の使用を急に止めても、禁断症状は生じない ×  
18 局所麻酔薬は、触覚、温覚、痛覚の順に感覚が失われる ×  
19 ゾルピデムは、ベンゾジアゼピン系薬である ×  
20 モルヒネは、適正量を長期にわたり癌性疼痛の治療に使用しても、精神的依存性は臨床上問題にはならない  
21 薬物を繰り返し使用しているうちに、同じ効果を得るためには使用量を増加しなければならなくなる状態を、感受性という ×  
22 アロプリノールは痛風薬として用いられている  
23 カルシトリオールは骨粗鬆症薬として用いられている  
24 抗菌薬はすべて、真菌細胞膜にはたらき膜障害を起こす ×  
25 貧血の人に鉄材を投与すれば、必ず症状が良くなる ×  
問題内容 回答 備考
26 薬物治療により、LDLコレステロールが70mg/dLまで下がっても問題はない  
27 LDLコレステロールを下げるとがんになりやすい ×  
28 魚の油は、とればとるほど体に良い ×  
29 動脈硬化の予防にオリーブ油は効果がある  
30 パスツールによって、炭疽菌のワクチンが作られた  
31 抗菌薬の連用によって、生体内での細菌が薬剤に耐性を示す細菌にとって代わり、あらたな感染症にかかった場合を日和見感染という ×  
32 人類がこれまでに経験したことがない感染症のことを新興感染症という  
33 微生物感染症による死者の主な原因は循環器感染症である ×  
34 黄色ブドウ球菌はグラム陰性菌である ×  
35 日本には現在結核の患者はいない ×  
36 感染症は一度に多くの人に感染することがあり、注意が必要である  
37 インフルエンザ菌は、インフルエンザの病原菌である ×  
38 ヘリコバクターピロリの除菌は一般的に3種類の薬剤を用いる  
39 食品中の脂質を構成する脂肪酸の炭素数は主として偶数である  
40 α-リノレン酸は炭素数16で、二重結合を5つもつ ×  
41 牛乳脂肪の脂肪酸組成の特徴は、炭素数10以下のものを含むことである  
42 日本人は、n-6系不飽和脂肪酸に比べて、n-3系不飽和脂肪酸の摂取量が多い ×  
43 トリアシルグリセロールは、エネルギー貯蔵体として重要である  
44 リン脂質は卵黄より卵白に多く含まれている ×  
45 スフィンゴミエリンは神経細胞の細胞膜に多く含まれるリン脂質である  
46 酵素濃度を一定に保って基質濃度を変えると、その酵素反応の初速度は基質濃度に比例する  
47 酵素反応の補因子となる金属はほとんど2価である  
48 酵素反応において一般的に、ミカエリス定数が小さいほど、酵素と基質の親和性が高い  
49 ヒトの体内にある酵素の最適pHはすべてpH7.0~8.0である ×  
50 おだやかな条件で効率よく反応が進むことは、酵素反応の特徴である  
問題内容 回答 備考
51 体内に最も多く含まれる金属元素は鉄である ×  
52 亜鉛の欠乏により、皮疹、下痢、味覚障害などを呈することがある  
53 セレンはスーパーオキシドジスムターゼの補因子である ×  
54 銅の欠乏は貧血を起こすことがある  
55 コンニャクのマンナンは、唾液や膵液の酵素によりマンノースに分解され、エネルギー源となる ×  
56 キロミクロンは主に中性脂肪の運搬を担う  
57 ペプシン、トリプシン、キモトリプシンはいずれも不活性な前駆体として体内で分泌される  
58 カルシウムの腸管における吸収には、活性型ビタミンDが関与する  
59 胆汁酸は脂肪の吸収を助けるが、それ自身は吸収されない ×  
60 穀類や豆腐などに含まれるフィチン類は、カルシウムや鉄の吸収を阻害する  
61 解糖反応では、酸素は利用されない  
62 グルコースは、解糖系により2分子のクエン酸に変わる ×  
63 乳酸はオキサロ酢酸に変えられ、糖新生の原料となる  
64 ほ乳類は、余ったグルコースをグリコーゲンとして主に脂肪組織に蓄える ×  
65 ペントースリン酸回路では、リボース5リン酸が生成され、核酸合成に使われる  
66 糖尿病の際にはグルコースの代謝が抑制される結果、血中ケトン体は減少する ×  
67 コレステロールの合成はマロニルCoAから開始される ×  
68 血中キロミクロンの値は、空腹時上昇し、食後低下する ×  
69 オキサロ酢酸は、アミノ基転移反応でアミノ基を受け取りアラニンとなる ×  
70 血清のGOT値(AST)は、臨床検査項目の1つとして用いられている  
71 グルクロン酸抱合体、胆汁酸、尿素はすべて肝臓で合成される物質である  
72 ビリルビンはヘムの分解によって生成する  
73 DNAポリメラーゼによる複製反応には、プライマーが必要である  
74 血友病Aは伴性劣勢遺伝様式を示す遺伝病であり、患者には女子が多い ×  
75 アポトーシスは、核の断片化を伴わない細胞死のことである ×  
問題内容 回答 備考
76 HIV感染は、アポトーシスを引き起こす原因となる  
77 ネクローシスでは、細胞DNAのヌクレオソームの断片化がおこる ×  
78 原核生物と高等真核生物で、細胞のDNA含有量はほぼ同じである ×  
79 遺伝子ライブラリーは、染色体DNAの全断片をベクターに結合した組換え体の集合である  
80 制限酵素は、特定のヌクレオチド配列を認識し、DNAを特異的な箇所で切断する  
81 サザンブロット法は、抗体を用いて特定のタンパク質を検出する方法である ×  
82 交感神経は精髄後根より出て、効果器にいたる ×  
83 脳幹は、中脳、橋、延髄および脊髄からなる ×  
84 脊髄神経は31対あり、それぞれに前根および後根がある  
85 アセチルコリンのニコチン受容体をアゴニストで刺激すると、ナトリウムチャネルが開き、脱分極がおこる  
86 グルタミン酸受容体をアゴニストで刺激すると、カルシウムチャネルが閉じ、細胞内カルシウムイオン濃度が低下する ×  
87 三量体Gタンパク質を介して情報伝達を行う受容体として、7回膜貫通型受容体がある  
88 神経接合部ではアセチルコリンは、コリンとアセチルCoAから、コリンエステラーゼによって生合成される ×  
89 セロトニンは、トリプトファンから生合成される  
90 幻覚誘発化合物LSDは強いセロトニン様作用を示す ×  
91 ブラジキニンは痛覚受容器においてプロスタグランジンE2と競合拮抗し、発痛作用を示す ×  
92 免疫グロブリンは、アミノ酸配列が異なる可変部と、ほぼ一定した配列を持つ定常部からなる  
93 免疫グロブリンlgA分泌型は、粘膜面での微生物に対する防御反応に重要な役割を果たしている  
94 免疫細胞のB細胞は細胞性免疫に関係し、T細胞の抗体産生も助ける ×  
95 クラスII MHC分子はβ2-ミクログロブリンと結合している ×  
96 ヒトのMHCは、HLAともよばれ、その遺伝子は多型性を示す  
97 アナフィラキシーショックは、遅延型アレルギーによって起きる現象である ×  
98 分子量が数千以下の低分子化合物は、アレルギー反応を引き起こさない ×  
99 オータコイドは、強い薬理活性を持ち、全身性に作用する ×  
100 成長ホルモンの分泌は、成長ホルモン放出ホルモンによって促進され、ソマトスタチンによって抑制される  


  • 最終更新:2011-01-29 14:45:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード