島のお医者さん アレルギー

※モバイル限定


研究( 勉強 )する

アレルギー

問題内容 回答 備考
01 「抗原」とは、体内に侵入してくる異物のことを表す  
02 「免疫」とは、体内に侵入してくる異物・外敵に対して、退治しようとする働きを表す 免疫があるから、人は体を守ることができる
03 アレルギーとは、免疫反応を侵入してくる異物(抗原)に対して、過小に起こり、体に異物が起きることをいう ×  
04 花粉は本来、体を傷つけることなく、無害である  
05 そばアレルギーの人でも、多少ならそばを食べてもアレルギーは出ない × そばアレルギーなどは、アナフィラキシーショックなどのショック症状が出てしまうことがある
06 日本の病院の診療科の一つとして、アレルギー科という科がある 大きな病院では、アレルギーを専門に扱うセクションがある
07 アトピー性皮膚炎は、アレルギーの一種である  
08 アトピーの意味は「肌」である × アトピーは、ギリシャ語で「場所が不特定」という意味
09 アトピー性皮膚炎の患者の内、約 80%が 5歳までの内に発症し、大人になってからのは発症しづらい アトピー性皮膚炎は、5歳未満の幼少期における発症が最も多い
10 食物アレルギーとは、特定の食品を飲食し、アレルギー状態が発生する免疫反応をいう 人によって発症する食品はさまざま
11 食物アレルギー最大の特徴は、全ての患者がすぐに発作などの症状が出る点である × 食物アレルギーには、すぐに出る発作と、数時間後にでる発作がある
12 マンゴーに対して、アレルギーがでる患者がいる マンゴーも、食物アレルギーの出やすい食品と知られている
13 じゃがいもに対して、アレルギーがでる患者がいる じゃがいもにも、食物アレルギーは存在する
14 アトピーから、喘息・花粉症などを次々に引き起こす、アレルギーの連鎖が起きることもある アレルギーの連鎖のことを、アレルギーマーチという
15 アレルギー疾患を調べる検査は、現代医学では、パッチテストしかない × アレルギー疾患を調べる検査方法はいくつもある
16 部長アレルギーという病気が存在している × こんなアレルギーは存在しない。アレルギーに対しての造語である
17 水アレルギーという病気が存在している 世界で 30人しか発症者がいないという、ごく稀なアレルギーだが存在する
18 アレルギーによっては、手術をすることがある  
19 花粉症は、症状が悪化することはあっても、良くなることは全く無い × 完治をするのは非常に困難だが、症状の緩和は様々な方法によって可能である
20 花粉症の時、くしゃみが出るのは体が、花粉を外に出そうとする為である  
21 犬アレルギーが起こるか起こらないかは、犬の犬種によっても変化する 毛が抜けにくい犬や、毛が少ない犬は犬アレルギーになりにくいと言われている
22 アナーキーショックとは、アレルギー反応が起こる抗体が、体内に入った時に起こるショック症状の一つである × 正しい病名は、アナフィラキシーショックである
23 アナフィラキシーショックの症状の中に、血圧低下・顔面蒼白・冷や汗などがある その他にも、全身紅潮・下痢・呼吸困難など重症化するケースもある
24 ダニアレルギー対策として「掃除機で掃除する」は、正しい措置の一つである  
25 ダニアレルギーは、生きているダニに対してであり、死骸などは影響しない × 死骸からもアレルギー症状は出るので注意が必要
問題内容 回答 備考
26 日光に対して、アレルギーを持っている人が世の中にはいる 日光アレルギー(紫外線アレルギー)といって、日光にあたるとアレルギー反応が出てしまう症状である
27 実はアレルギーは、遺伝によるものがほとんどないことが研究で証明されている × アレルギーは遺伝によるものがとても大きいとされている
28 アレルギー検査は、とても簡単な検査で、自分に何のアレルギーがあるかを全て、洗い出して調べることが出来る × アレルギー検査は簡単なものも多いが、アレルギーが多種多様すぎて全て洗い出すことは困難である
29 厚生労働省発表によると、アレルギー疾患を持つ人は、全国民のおよそ 30%である  
30 関節リウマチとは、自分の体を守る検疫系が誤って、自分の体を攻撃してしまう病気である  
31 関節リウマチにかかりやすいのは、30代男性がほとんどである × 関節リウマチは、40代女性が最もかかりやすいと言われている
32 関節リウマチの病状の一つに、関節痛などがある 関節リウマチの症状には、関節痛や関節が動きにくくなったりする
33 足の関節リウマチにかかっても、歩けなくなるほど重症化はしない × 関節リウマチが重症化すると、歩けなくなったり、動かすことがとても困難になってしまったりする
34 アレルギーを起こす物質のことを、アレルゲンと呼ぶ  
35 アレルギーには、漢方よりも薬が圧倒的に効く × アレルギーと漢方薬の関係は非常に良いといわれている
36 アレルギーの原因は遺伝がほとんどで、生活環境にはあまり左右されない ×  
37 両親がアレルギーを持っていなければ、赤ちゃんにアレルギー反応はほぼ 100%と言ってよい程でないことが分かっている × 祖父母からの隔世遺伝や育った生活環境によってアレルギーが出たりすることがある
38 じんましんは、数日以内で治り慢性化することは無い × 慢性化するケースもある
39 ほとんどのじんましんの原因は、疲労によるものである × じんましんには、食べ物・ストレス・刺激・花粉・ほこりなど様々な要因が存在する
40 アレルギー検査は、自宅でもできる  
41 赤ちゃんがくしゃみを多くする場合は、アレルギーであることがほとんどである ×  
42 金属アレルギーというのは、実は存在しない × 金属アレルギーは存在する
43 アレルギー性結膜炎とは、アレルゲンが体内に入り、鼻水が多く出てくる症状を指す × 結膜炎とは、眼球の白目とまぶたに裏側を覆う半透明の膜に、炎症を起こす状態を指す
44 花粉症予防には、メガネをかけることが有効である 花粉症の予防法としては、マスク・メガネの着用、うがい手洗い、帰宅時に衣類をはらうなどがある
45 花粉シーズンの予防には、使い捨てマスクより、毎日使えるマスクの方が良い × 毎日マスクを使い続けていると、マスクに花粉が付着したままになってしまうので、経済的ではないが使い捨てマスクを使った方が良い
46 アレルギー性鼻炎などには、アルコールが有効であると、証明されたことがある × アレルギー性鼻炎には、カテキンが有効であると言われている
47 膠原病(こうげんびょう)は名称が不適切ということから、結合病と現在では呼ばれている × 膠原病はあまり聞きなれない病名だが、「結合組織病」と呼ばれている
48 膠原病は、自分自身の体の成分を、外から侵入してきた異物・外敵と勘違いして、攻撃してしまう恐ろしい病気である 免疫に異常がでており、必要な組織も誤って破壊してしまう、とても怖い病気である
49 関節リウマチは、膠原病の一種である 関節リウマチも、正しい組織を誤って攻撃・破壊してしまうことから病状を悪化させてしまう
50 膠原病は、ほとんどが男性患者である × 膠原病は女性患者がとても多く、妊娠可能な年齢になると起こりやすくなると言われている
※ 問題文を若干、縮小・省略しているため、意味が変わってきている場合がございますがご了承ください。

アレルギー が必要な習得スキル

No. スキル名 習得条件 課金
購入
研修回数 バッジ 医師 看護師 スペシャリスト その他
17 花粉症       35回 以上 みんなの研究ビギナー
アレルギー検定
一般医師 1名以上        


  • 最終更新:2010-11-06 00:58:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード