島のお医者さん みんなの研究②

※モバイル限定


みんなの研究②

五十音順 問題文 回答

赤ちゃんにもニキビができる。
赤ちゃんは、お母さんの免疫があるため、生後6ヶ月までには殆ど風邪をひかない。 ×
足がむくんだときは、りんごや白菜などカリウムを多く含んだ食べ物を多く取ると効果的である。
後産とは2回目以降の出産のことを言う。 ×
アルコール依存症は少量でも、お酒を飲む人なら誰でもなる可能性はある。
胃液は食べ物を食べる前にも分泌される。
胃潰瘍や胃癌の原因になると言われているピロリ菌の除菌は、1回目しか保険対象になっていない。 ×
一般的に、前立腺癌は前立腺の内側にできる。 ×
一般的に、尿路感染がおこると尿量が増える。 ×
いわゆる難病と呼ばれる疾患に認定されている病気は増え続けている。
うつ病を予防するには、1日に400歩歩けば充分である。 ×
生まれたばかりの赤ちゃんでも、レントゲンを撮ると既に永久歯の元を確認することができる。
生まれたばかりの赤ちゃんにはモロー反射という反射がある。
生まれたばかりの赤ちゃんはお母さんの胸の上に乗せると自分でおっぱいを探すことができる。
AED(自動体外式除細動器)は、傷病者の意識がなけれが誰にでもできる。
大人用に処方された薬でも、分量を計算すれば子供に与えてもよい ×

過剰に分泌されるお肌の皮脂を取り除くには、「あぶらとり紙」が一番効果的である。 ×
体の小さい子供に対しても、大人用のAEDを使用することができる。
看護婦が行う一般的な採血は静脈から行う。
キシリトールは食べ物にも含まれている。
救急時には乳児の脈拍確認は上腕動脈でおこなう。
   
結核菌に感染しても、必ずしも発病するわけではない。
口腔内の細菌が一番増えているのは起床時である。
5歳の子供であれば、どの大人用の市販解熱鎮痛剤であっても、半分に砕いて飲ませれば問題ない。 ×
ご飯を食べた直後に激しい運動をすると痛くなる脇腹の部位は脾臓である。
小麦アレルギーの人はライ麦なら食べても大丈夫なことが多い。 ×

坐薬とは、座って飲む薬のことである。 ×
36週で生まれた赤ちゃんは早産児である。
塩は1グラム1カロリーである。 ×
COPD(慢性閉塞性肺疾患)は禁煙すれば症状が良くなる。 ×
実は、骨粗鬆症は男性に多い。 ×
指紋は受精後1ヶ月の胎児のころに形成される。 ×
しゃっくりは、横隔膜が痙攣(けいれん)している。
手術室から、創を縫合しないまま出てくる場合もある。
食前に野菜ジュースを飲むと、食物繊維によって脂肪分吸収を少し抑えられる。
食中毒として有名なノロウィルスは夏に流行しやすい。 ×
食中毒の原因の一つであるノロウィルスに対してアルコール消毒は有効である。 ×
女性の方が、男性よりもがんで亡くなる人数が多い。 ×
人工肛門は、肛門を手術で切除して、そこに新しく人工肛門をつける。 ×
人工受精とは体の外で受精させ、それを子宮に戻してあげることである。 ×
心電図とは心臓がさらされている電磁波の状態を診断する検査である。 ×
随意筋は、自分の意思で動かすことができる筋をさす。
喘息は症状が軽く、日常生活に支障が出ないならば定期受診しなくてもよい。 ×
   

体温が下がると体の免疫力が下がる。 ×
第三臼歯である親知らずは、抜いていなければ上顎下顎ともに4本揃っているか全てないかのどちらかである。 ×
胎児はお腹の中で目が見えている。
タバコを吸うと、主にビタミンBが破壊される。 ×
食べた後すぐ走ると横腹が痛くなるのには腎臓が関係している。 ×
   
爪に出来た水虫は塗り薬では治りにくく、飲み薬で治療することが一般的である。
手の爪が1枚生え変わるのに約1カ月かかる。 ×
   

   
乳児期に、顔や腕に赤く苺みたいな斑点が出てくることがあるが、ほとんどは7歳くらいまでには消える。
妊娠中、コーヒーや緑茶などカフェインを含む飲み物は1杯も飲んではいけない。 ×
   
   
脳梗塞は、体の水分が不足しがちな夏場に発生しやすい。
脳梗塞を発症すると麻痺と発語に障害が必ず起こる。 ×
脳卒中は脳内出血、脳梗塞、くも膜下出血の総称である。

肺動脈は、酸素を多く含む動脈血が流れている。 ×
歯が原因で蓄膿症になることがある。
バセドウ病は、実は女性より男性の方がかかりやすい。 ×
発熱時、足の付け根など、大きな血管が通る部位を冷やすと解熱に効果的である。
病院でもらった処方箋に記載されている薬で、後発品が出ていれば薬局で全て変えてもらうことができる。 ×
複雑骨折と粉砕骨折は同義である。 ×
服薬する薬によって、平熱が下がることがある。
不整脈が原因で血栓ができることがある。
普段の呼吸(正常安静呼吸)と、思いっきりする呼吸(努力呼吸)の時では、使われる呼吸筋の種類が異なる。
フッ化物を大量に誤飲した場合は、緊急対処法として牛乳を飲むとよい。
   
ほくろは増える
保険外の診療でも、どこの病院でうけても値段は一緒である。 ×

   
   
   
   
   

   
   
葉酸は妊婦にとってあまりよくないので、極力摂取しない方が良い。 ×

   
   
   
   
   

   
   
   
   


  • 最終更新:2011-12-05 21:22:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード